【レビュー】Logicool(ロジクール) G304のゲーミングマウスを使用感などレビュー!重さや電池、dpiについて

  • URLをコピーしました!

今回はLogicoolのゲーミングマウス G304をレビューしていきたいと思います!

みなさんはどのようなマウスを使用していますか?

マウスはPCの作業効率に大きく影響を与えるため、自分の用途にあったマウスを選ぶことは非常に重要です。G304は非常に軽量で最低限の機能が備わった最高のマウスでしたので是非紹介したいと思い記事にしました!

本記事の概要
  • ロジクール G304の外観レビュー
  • ロジクール G304のメリット・デメリット
  • G304のソフトウェアを紹介
目次

ロジクール G304マウスの概要

項目内容
商品詳細
Logicool G304
品番G304
接続無線
サイズ116.6mm x 62.15mm x 38.2mm
重量97g
解像度200~12,000DPI
使用可能時間最長250時間(単3電池1本)

G304 ロジクールの外観レビュー

G304のファーストインプレッションは小型で持ち運びに良さそう

本体のカラーも真っ黒でとてもスマートに見えます。

内容物
G304_logicool

本体表側にはプライマリ・セカンダリクリックの2つのボタンに加え、スクロールホイール、中央のボタン、LEDライトが備わっています。また、スクロールホイールはクリックも可能となっています。

マウス本体左側にはサイドボタンが2つ備わっています。

デフォルトではブラウザの「戻る」「進む」が割り当てられており、ネットサーフィンを快適に行えます!

割り当てについては後程紹介していますが、ソフトウェアで変更することが可能です。

G304_logicool
▲左側からの外観

本体裏側にはマウスの電源ON/OFFボタンがありますので、使用していない時はOFFにすることで電池の消費を抑えることができます。

G304_logicool
▲G304 裏側

電源の元である電池はマウスの内部にセットします。

電源横にはBluetooth用の無線アダプタを収納する箇所があり、持ち運びの際も無くすことはないでしょう。

G304_logicool
▲マウスの中

G304 のメリット・良い所

ののの

さて、早速G304のメリットや良い所をご紹介していきたいと思います。

G304のボタンが合計5個

G304_logicool
▲ボタンが5個ある

Logicool G304はホイール部分のクリック(緑)、左右のクリック(赤)に加え、マウス左側に2つのボタン(青)の合計5個のボタンがあります。

サイドのボタンが2個しかないの?」と思うかもしれませんが、意外と3個も4個も使う機会は少ないと思っているので、このくらいがちょうどいいかなと!

(青)のボタンを押した時の動作を自由に設定出来るので、ゲームやネットサーフィンでも大活躍すること間違い無し!

ののの

僕は「戻る」と「進む」を設定して、ネットサーフィンを楽しんでいます。

電池持ちは単3電池1個で最大250時間

G304の電源は単3電池1個で駆動します。バッテリーなどは内蔵しておらず、またUSBもありませんのでUSBからの給電は出来ません。

しかし、たった単3電池1個で最大250時間を継続して使用できますので頻繁に電池が無くなることはないでしょう。ランニングコストもかなり安いと言えます。

ののの

電池ということで充電する手間も無いので楽ちんですね。

超軽量 電池込みのマウス本体で97g

こちらのマウスを購入した一番の理由は本体重量。

持ち運び用のノートパソコンで使用する予定でしたので、出来るだけ軽いマウスを考えていました。

Logicool G304のマウスは電池込みでなんとたった97g。持ち運びにも最適で手の負担になりません。

G304_logicool
▲電池込みでこの重量は凄い!

G304専用のソフトウェアがある

後述しておりますが、G304には専用のソフトウェアがあります。

専用のソフトウェアでは、DPIの設定・ボタンの割り当て設定等が出来ますよ。

G304のデメリット・気になる所

G304のデメリット・気になる所も合わせて紹介しておきます。正直あまりデメリットはなかったです。笑

クリック音が若干大きいので外出先では場所を選ぶかも

見出しの通りで、通常のマウスより若干クリック音が大きいと感じます。ゲーミングマウスということで家で使用するのが前提になっているのかもしれませんね。

実際のクリック音(動画)

G304 ソフトウェアの機能について

g304_mouse_software
▲G304専用ソフトウェア

G304のマウスではLogicoolの公式サイトからダウンロードできるソフトウェア(Logicool G HUB)をインストールすることでボタンや動作を自由に設定することが出来ます。

  • DPI(感度)の設定 
  • ボタン割り当ての設定

DPI(感度)の設定

DPIとはなんぞやと思うかもしれませんが簡単に言いますと、マウスカーソルの動く距離を調整する数値です。数値が大きければ大きいほどマウスを動かしたときのカーソルの移動幅が大きくなります。

G304_dpi_setting
▲DPI設定画面

G304のソフトウェアでは合計4つのDPIを設定できます。マウス表側にある真ん中のボタンで簡単に切り替えることが可能となっています。

DPIの設定はマウスを見れば分かります。下図の状態である時、オレンジ色となっているのでDPIは3400に設定されていることが分かります。

g304_mouse_setting2
▲DPIの切替方法と確認

ボタン割り当て設定

本ソフトウェアにはボタン割り当て機能も搭載されています。各ボタンの機能を細かく設定できるので自分用のカスタマイズが可能な所も大きなメリットだと思います。

マウスボタンの機能だけでなく、例えば以下のような設定も可能となっています。

設定例
  • キーボードのキー (例:半角/全角)
  • Ctrl +C(コピー)
  • Discordのマイク・スピーカーミュート
  • 自作のマクロを設定
  • メディアの再生/一時停止 等
意外に多い!
g304_mouse_setting3
▲割り当て設定画面

ロジクール Logicool G304のまとめ

ロジクール G304は軽量かつ、最低限の機能を搭載した高機能なマウスだと思います。ゲーミングマウスと称されていますが、一般使いでも活躍すること間違いなしだと感じてます。価格も安めでコスパも良し。

特にロジクールさんはソフトウェアが充実しているので、自分にあったカスタマイズが出来るところが好きです。

興味のある方は是非購入を検討してみて下さい!

Amazon → G304 Logicoolゲーミングマウス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる